2013年の足あと

January

「イノベーションカンファレンスin名古屋」イノベーションカンファレンス全体風景

小雪ちらつく中、IDS初の大規模ワークショップの開催。
名古屋のリードユーザにも大活躍していただきました!

 

February

「隊長が同棲?初のインターンシップ生がやって来た!」インターンシップ生と隊長の2ショット

名古屋から遥々東京へやってきたインターンシップ生の栗田君。
来るや否や珍事件が勃発!東京での滞在予定だった友達の家がNGに。
泊まるところが無くなってしまったのです・・・そこで急遽、隊長の家にお泊りすることに。1か月半に渡る男2人暮らしのスタートです。
 

March

「今年も行ってきました高尾山」高尾山登頂

毎年恒例(と言っても2回目ですが)の高尾山登山に行ってきました。
前回はケーブルカーに乗って中腹まで一気に登っていましたが、今年は徒歩での完全登頂を果たしました!最後の階段は本当にきつかった?。
だからこそ山の上で食べるご飯&ビールは格別の味!

April

「研修&調査でてんてこ舞いの日々」憧れの青空

新入社員研修やユーザ調査で各々外出する日々。
なかなか3人でオフィスに揃う日も少なく。
そんなときは青空を見上げると気持ちがリセットされます!

 

May

「慶應生にIDWSを体験してもらいました」慶応際学生と一緒にIDWS

牛島ゼミの皆さんにインクルーシブデザインワークショップを実体験してもらいました!
若さあふれるディスカッションはわくわくするアイディアがたくさん。
やっぱり若いっていいですね♪
 

 

June

「NHKラジオすっぴんの収録」ラジオ収録中

ラジオの放送は,まるで一緒にワークショップを体験しているよう。
ちょっとフィールドワークに行った気分で聞いてみてください。
http://radioya.net/files/0712genmba.zip

 

 

July

「イノベーションを生み出すデザイン思考セミナーwith日経BP社」デザイン思考セミナー

東京での初の大規模セミナーの開催。
100名超える参加者に会場は熱気でいっぱいに。
講演から事例発表、ワークショップまで盛りだくさんな1日でした。

 

 

August

「沖永良部島ライフスタイル実体験with石田先生ご夫妻」沖永良部での畑作業

東北大学大学院の石田教授の沖永良部のお家「酔庵」で1週間のライフスタイル体験してきました!
まさに自然を活かし、自然に活かされているということを肌で感じた1週間。
島の人々のあたたかさもたっぷり頂きました。

 

September

「ユニバーサルキャンプin八丈島」UDについて話を聞く

今年も新たな出逢いと気づきを得る事ができました。
去年以上に今年感じた事は受け身ではダメということ。
待っているだけでは情報もとることができないし、相手が何を思っているかということもわからないし伝わらない。
積極的なコミュニケーションをとることで繋がるということを体感できた3日間でした。

 

October

「バックキャスト思考セミナーon東北大学」バックキャスト思考セミナー

人間って不思議です。リードユーザの「ために」アイディアを考えるとフォアキャスト思考になってしまうんです。そんなジレンマと戦いながら考えたバックキャスト思考のアイディアはリードユーザと「ともに」楽しめるアイディアばかりでした。

 

November

「毎月開催のインクルーシブデザインワークショップ体験会」インクルーシブデザインワークショップ体験会

去年から毎月開催している体験会。
今年は、「高齢者社会の安心安全で楽しい外出をデザインしよう」をメインテーマに。
最近のプロトタイプ発表は、1分間のCM寸劇。
はじめて会った企業担当者同士も短時間でぐっと距離が縮まるんです。
イノベーションだけでなく、チームビルディングにも効果ばっちりですね!
 

 

December

「セブン銀行ATM体験会」セブン銀行ATM体験会

今年最後のイベントは、隊長が教える視覚障がい者向けATM体験会。
音声ガイダンスサービスを利用した操作は受話器を使います。
はじめての体験する人も多く、「これなら自分でできる!」と満面の笑みを浮かべていた参加者の顔が今でも忘れられません。

 


今年一年大変お世話になりました。

今年は新たな出逢いだけでなく、懐かしい出逢いが多くの繋がりをつくってくれた1年でした。
これからも皆さまとのご縁を大切にし、前へと進んでいきたいと思います。

2014年もインクルーシブデザイン・ソリューションズどうぞよろしくお願い致します。

井坂智博・松村道生(隊長)・高山希
今年一年ありがとうございました。

 

ATM体験会ワークショップ開催終了しました!

音声ガイドサービスATMを参加者が操作している2013年12月4日(水)に開催した「みんなのATM体験ワークショップ」が無事終了致しました。
当日は、18名(各回9名)の視覚障がい者の方にご参加いただき音声ガイダンスサービス付のセブン銀行ATMの操作を体験をして頂きました。
はじめてATMの機器に触れた方、過去に一度だけ触れたけど途中で操作ができなくて諦めた経験のある方、他行のATMを利用している方など、経験も知識もさまざまな方々にご参加いただきました。

ATM体験会と並行して開催した座談会では、「日常のお金の引き下ろしってどうやっているの?」「金融機関で体験した困ったエピソード」など参加者同士の情報交換の場として、普段なかなか聞けないお金の話についてお話いただきました。
また、当日ご協力いただいたセブン銀行の方々にも座談会に加わっていただき、ATM操作についてや仕組み、ATM機器の開発秘話などさまざまな質問にお答いただきました。


(参加者の声)

  • 思ったよりも簡単だった!
  • 私でもお金の引き下ろしができちゃった。これで人に頼まなくても一人でATMが使える
  • 今日の体験会に参加して本当によかった
  • 家の近くにセブンイレブンはないけど、外出した時にセブンイレブンを探せばセブン銀行を見つけられるから安心して外出できそう
  • これからは外出の際にセブンイレブンを見つければ気軽にお金がおろせる
  • この体験をもっと多くの視覚障がい者の人に広めたい
  • 全国どこのセブン銀行を利用しても操作方法が同じというのは素晴らしい!

参加者同士の情報交換の場

 視覚障がい者向け「みんなのATM体験ワークショップ」

日程:2013年12月4日(水)
    1回目13:00?15:00 / 2回目15:00?17:00
場所:イトーヨーカドーアリオ西新井店セブン銀行出張所
    東武伊勢崎線「西新井駅」西口から徒歩8分
定員:各回定員8名
共催:東京都盲人福祉協会・青年部会
    株式会社インクルーシブデザイン・ソリューションズ
協力:株式会社セブン銀行
 

ATM体験についてのお問い合わせは電話もしくはメールにてご連絡ください(担当:高山)
TEL:03-6268-8028
メール:moshimoshi@i-d-sol.com

みんなのATM体験ワークショップ

定員に達したためお申込み受け付けを終了致しました。
たくさんのお申込みありがとうございました。

目の不自由な方向けに音声ガイダンスで操作が可能なATMが身近にあることをご存知ですか?セブン銀行様のご協力で視覚障がい者の方に向けたATMの音声ガイダンスサービスの操作について体験会を実施します!

講師は隊長こと弊社代表の松村道生が実施します。視覚障がい者の松村だからこそ気づくポイントや使い方のメリットが盛りだくさんのワークショップです。自分のペースで利用体験ができますので、ちょっと利用を躊躇していた方もぜひこの機会にご体験下さい。


視覚障がい者向け「みんなのATM体験ワークショップ」
日程:2013年12月4日(水)
   1回目13:00?15:00 / 2回目15:00?17:00  
場所:イトーヨーカドーアリオ西新井店セブン銀行出張所
   東武伊勢崎線「西新井駅」西口から徒歩8分
   ※当日駅までの徒歩での送迎はあります
定員:各回定員8名 
共催:東京都盲人福祉協会・青年部会
   株式会社インクルーシブデザイン・ソリューションズ
協力:株式会社セブン銀行
対象:視覚障がい者の方限定
   ※付添いの方はご参加できませんのでご了承ください

(内容)
みんなのATM体験ワークショップ(※AとBを同時並行にて実施します)
A:触って納得!ATM体験
 音声ガイダンスATMの操作を実際に体験してもらいます!

B:話して納得!プチワークショップ
 ATMの操作についてや日常のお金の管理でちょっと困っていることなど、皆さんでディスカッションしていただきます。 

お申込み・お問い合わせは電話もしくはメールにてご連絡ください。(担当:高山)
TEL:03-6268-8028
メール:moshimoshi@i-d-sol.com

「バックキャスト思考」1日講座

講座名:「バックキャスト思考」1日講座
日程:2013年10月31日(木) 10:00?17:50
場所:御茶ノ水 ソラシティカンファレンスセンター
定員:80名
主催:日経BP社 課長塾

プログラム

第1部:【基調講演】「バックキャスト思考で考える新しい“ものづくり”の考え方」
       
       (講師)
       東北大学大学院環境科学研究科 教授  工学博士 石田秀輝氏

第2部:バックキャスト思考ワークショップ
       リードユーザと共にバックキャスト思考で考えるアイディアワークショプの実施

       (ファシリテーター)
       名古屋商科大学ビジネススクール客員教授
       株式会社インクルーシブデザイン・ソリューションズ 代表取締役社長 井坂智博氏

当日のワークショップの様子

フィールドワーク(駅の切符売り場)フィールドワークスタート!
まずは駅の券売機で乗車券の購入をしてみました。視覚障がい者の人ってどうやって切符を購入しているのだろう?そもそも券売機の場所をどうやって見つけているの?などなど参加者の皆さんの疑問や興味関心は尽きません。
気づいたことやリードユーザが行っている工夫は付箋にどんどんメモしていきます。
   

車いすユーザと一緒にフィールドワークフィールドワークへ御茶ノ水周辺にグループで移動。車イスユーザが入れるランチの場所を探すのはなかなか大変です。
写真で見ると平らな道ですが、実は緩やかな傾斜があるんです。日常の私たちは意識していませんが、リードユーザと一緒に行動することで気づく視点の1つです。

グループで気づきの共有

 

フィールドワークから戻ってきた気づきをグループで共有中。
自己紹介のときは緊張していたグループメンバーが、1つのチームとなってディスカッションをしていました。リードユーザとほんの少し街中を歩いただけなのに、気づきや工夫がどんどん溢れて出てきています。

グループディスカッション

 

熱気溢れるワークショップの会場。
今日はじめて会った方々とは思えない一体感ある雰因気に圧倒されます。
このワークショップでは企業名も肩書きも年齢も関係無し。誰もがフラットな立場で自分の意見を発信し、グループでアイディアを良いものに創り上げていきます。皆さん、笑顔も真剣な表情も本当に素敵なんです!

 

参加者の声

  • 新しいものに出会えたという感覚。考えることの楽しみ方がわかった。(男性・システム営業)
  • 新企画・立案に行き詰っており、新しい切り口での発想ができそうと思いました。社会的にも広めたいと思います。(男性・製品企画)
  • ポジティブシンキング、気づき等、会社であたりまえの考え方を少し変えるだけでいろんな見方ができることを学び非常に参考となった。(男性・製造業)
  • まだまだできると感じた。アイディアが生まれる良いきっかけとなった。(男性・製造業)
  • リードユーザが変わるたびに新たな気づきと気づいたことが確信に変わっていくことが楽しく有意義であった。(男性・企画)
  • リードユーザの視点での気づきを多く得られた。バックキャスト思考の大切さは理解できたが、その視点で考えることが非常に難しいことを体験できた。また、どのように考えるべきが、糸口を少し見つけることができた。(女性・研究開発)
  • リードユーザの視点は通常の業務では得る事が出来ないもの。確かにそこに新たなビジネスチャンスがあるのではないかと感じました。(男性・不動産)
今後のセミナーや体験会についてはこちらから>>> 

「イノベーションを生みだすデザイン思考」セミナー

セミナー名:「イノベーションを生みだすデザイン思考セミナー」
日程:2013年7月27日(土)13:30?17:50
場所:御茶ノ水 ソラシティカンファレンスセンター
定員:150名
主催:日経BP社 課長塾
       日経BPビジョナリー経営研究所

プログラム

第1部:【講演】デザイン思考によるイノベーションの創出
     名古屋商科大学ビジネススクール客員教授 川島俊之氏

第2部:革新的なアイディアを生み出す体験型ワークショップ
     名古屋商科大学ビジネススクール客員教授
     株式会社インクルーシブデザイン・ソリューションズ 代表取締役社長 井坂智博氏

第3部:事例紹介
     【花王事例紹介】
      デザイン思考による超高齢社会のビジネスデザイン
     ?モノからコトへのデザインシフト?
     花王株式会社 アクティブシニア事業センター 横須賀道夫氏

     【トヨタテクニカルディべロップメント事例紹介】
     デザイン思考を起点とした技術者の意識改革への挑戦
     ?忘れてはならない、創造の場を与えることの大切さ?
     トヨタテクニカルディベロップメント株式会社 理事 佐野雅人氏

第4部:ワールドカフェ

当日のワークショップの様子

セミナー開始120名を超える参加者で会場は満員。
商品開発や技術者の方だけでなく、人材育成やサービス業などさまざまな業種・職種の方々にご参加頂きました。また、学生の方のご参加もあり、皆さん熱心に講演を聴かれていました。
   

 

 

ワークショップ風景1ワークショップ風景3ワークショップ風景2

はじめて会った隣の席の方と一緒に「お財布をデザインする」ワークショプの開始です!
まずは、相手のお財布体験のヒアリングです。びっくりするようなお財布体験が会場のあちこちから飛び出して来ました。最終アウトプットは皆さん斬新なアイディアばかりでした。「お財布を持たない」なんてアイディアを考えたペアもいました。

 

ワールドカフェセミナーの最後はワールドカフェ気づきの共有タイムです。
多くの企業の方々との情報交換の場となり、ディスカッションがどんどんと盛り上がって行きました。ストップ!と言わなければいつまでたっても話は尽きない雰因気で最後まで熱気溢れるセミナーとなりました。「あっという間で時間が足りない!」という声も多数寄せられました。次回はたっぷりと時間をとったワールドカフェを実施致します!

 

参加者の声

  • 体験を通して得られる発見だけでなく、意識の向上や自主性も得られるというのは“確かに”と思い感動した。(女性・デザイナー)
  • デザイン思考に関する取組み・考え方、・興味をどんな人たちが持っているのかを情報収集できた(男性・製造業)
  • 多方面から見ていると見えないものが見えてくるんだと思いました。(男性・教育系)
  • ワークショップにてデザイン思考のプロセスを体験できた。参加者同士で話をすることができ、デザイン思考についてどのように考えているのか聞けたのが良かったです。(男性・経理財務)
  • デザイン思考についてはじめて考えを深められた。今まで考えたことのないプロセスでこらから考えられたおもしろいと思った。(女性・金融)
  • 色んな業種のイノベーションへの取組みを聴くことができた。また、「見えないブランディング」というワードが印象的だった。(男性・マーケティング)
今後のセミナーや体験会についてはこちらから>>> 

カンファレンス開催レポート

名古屋カンファレンスみんなで体験する「モノ・コト」の

イノベーションカンファレンスin名古屋

1/26(土)にみんなで体験する「モノ・コト」のイノベーションカンファレンスin名古屋を開催いたしました。
この日の名古屋は、この冬一番の寒さを記録。午後からは大雪という悪天候にも関わらず多くの方々にご参加をいただきました。
イノベーションをテーマにしたカンファレンスには、ビジネスマン・学生・身体障害・投資家・企業の役員の方など多様な方々にご参加いただき、ダイバーシティに富んだ場となりました。
 
ご参加頂いた皆さま、ご協力頂いた皆さま、本当にありがとうございました。

 
 
開催日時:2013年1月26日(土) 10:30?19:00
参加者数:総勢93名(第1部~第3部)
 

会 場:名古屋商科大学大学院 
       〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦1?20?1

(実施プログラム)
第1部 インクルーシブデザイン・ワークショップ

第2部 トヨタテクニカルディベロップメント株式会社 佐野雅人氏事例発表 
      デザイン思考のワークショップ導入について

第3部 パネルディスカッション 
     ファシリテーター・・・北原康富氏
     パネラー・・・佐野雅人氏、小山龍介氏、川島俊之氏       

第4部 情報交換会

 

カンファレンス詳細はこちらから>>

 

【当日の様子】

第1部のインクルーシブデザインワークショップでは、視覚障がい者ユーザと共に、超高齢社会の外食という「コト」のデザインを考えました。
まずは、iphoneを使ってお店探しからスタート!

 

 

          

 リードユーザがiphoneを使用して店舗検索中ユーザの観察からアイディアを形に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィールドワーク

お店の場所を調べたら会場を飛び出して外へ!
街に溢れる、危険や不便さ。私たちが普段見逃している「コト」がたくさんあります。
この頃からお天気が下り坂に・・・雪がちらつきはじめました。
ランチタイムは笑顔と笑い声でいっぱい。「普段はどうやって注文するの?」「どこに食事があるのかわかる?」次から次へとリードユーザへの質問が止まりませんでした。          

           

 リードユーザを囲みながらグループでランチをしている。話がつきない。段差に気をつけながらユーザの誘導をする参加者

 

120127_イノベーションカンファレンス 028 コンビニでお買いもの

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第2部・第3部

 第2部では、トヨタテクニカルディベロップメント株式会社の佐野理事の講演。実際に社内で取り組まれているイノベーションの先行事例をお話しして頂きました。
 第3部では、北原康富氏にファシリテーターを務めていただき、多方面で活躍されている3名の方をお迎えし、イノベーションをテーマにパネルディスカッションを行いました。みなさんのアハ体験やイノベーションが生まれる瞬間についてなど、引き込まれるディスカッションの場でした。

 

北原氏のファシリテートをもとに、3人のパネラーが意見を交わしている。トヨタテクニカルディベロップメント? 佐野理事講演

                

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【参加者の声】

第1部:インクルーシブデザインワークショップ

  • 今回の経験で、頭を二三発殴られて多少は生まれ変わったように感じた。人間なかなか体に染みついた固定観念や思考癖から自由になることは難しいものですが、これで少しは解き放つことができそうな気がいたします。社内でプロジェクト化して新風を吹かせたいと思っております。
  • 知らない世界を体験できた。やはり、百聞は一見にしかず。
  • ダイバーシティの重要性について、頭では理解できていたつもりであったが、やはりリードユーザの方に入っていただいて行わないと、本質を外す可能性が大きいことに気がついた。
  • セミナーに参加して、現状の仕事にどの様に積極性をもってすることが大切かを感じさせられました。実際に社内でも、様々な活動を実施できる様に取り組んでいきたいです。
  • 実際に自身の業務と照らし合わせて、心構え、考え方など有用な示唆をいただけたように思います。
  • これほど気づきの多いワークショップは初めてでした。自分の既成概念を大きく覆られました。
  • 我々が見ている世界の狭さに気づかされました。まだまだ視点次第で改善点はたくさんあるという可能性にも気づきました。
  • 相手の身になって考えることをまさに体験出来ました。
  • 視覚障害者に対してはこれまで気の毒という感情で捉えていた部分が多かったと思うが、今回、それよりも共感し共に作り上げていくことの大切さに気づいた。
  • コンビニは、万人にとってコンビニエンスな訳ではない。


 第2部・第3部:講演・パネルディスカッション

  • パネラーの方のレベルが高かった。権威主義や建前主義でないフランクなお話を聞けた。
  • 書籍などでイノベーションの勉強をしていますが実際にそれを社内に取り込むのは、容易ではありません。パネラー自身も普段悩まれて、ある瞬間にひらめくなど、元気付けられ、背中を押してもらえた一日でした。
  • 非常に示唆に富んだ内容で、大会社を変革していくことが出来るなら当社のような小規模の会社で出来ないはずはないと改めて思いました。
  • パネリストの方々が各々の立場でイノベーションの場の創出に尽力され、心に響く言葉も頂いた

 

主催:みんなで体験する「モノ・コト」のイノベーションカンファレンスin 名古屋実行委員会
      一般社団法人 日本ダイバーシティ推進協会

協賛:株式会社インクルーシブデザイン・ソリューションズ
    名古屋商科大学大学院

NUCB HPロゴ  

<名古屋商科大学大学院の皆さま>

今カンファレンスにおいて、会場の貸出しおよび当日の運営サポート等多大な協力をいただき誠にありがとうございました。

   

 協力:名古屋市視覚障害者協

 
◆お問い合わせ
みんなで体験する「モノ・コト」のイノベーションカンファレンスin 名古屋実行委員会
(担当:高山)
電話   070?5022?4302 
E-mail  innovation@i-d-sol.com

2012年の足あと

"海から昇る朝日"January

インクルーシブデザインとの出会い
会社設立を決意!

しかし、オフィスもなく寒さに耐えながら設立準備をスタート

 

"高尾山に登頂"February

2月29日。ついに会社設立!
大雪降るこの日は忘れられない1日に。

その3日前に極寒の高尾山に祈願へ!
翌日から隊長は熱でダウンしました・・・

 

"入居したての殺風景なオフィス"March

ようやく有楽町のオフィスが決定!

備品はなんとリサイクルセンターから無料で調達
人は何も無いと知恵が働くものです。

実は、今はオフィスにロフトベッドがあるんですよ。

 

"はじめてのインクルーシブデザインワークショップ"April

はじめてのワークショップ体験会を実施。
新しいアイディアを考えている時は誰もがいい笑顔です。

そして、本格的な営業もスタート!
毎日ひたすらテレアポ&訪問の日々でした。

 

"リードユーザと共にフィールドワーク"May

初めてのインクルーシブデザインの仕事
準備の大変さに勝る充実感を得ることができました。

同時に障がい者雇用セミナーを実施
まだまだ学ぶべきことがあると改めて感じました。

 

"個人参加が多かった夜のワークショップ"June

日経産業新聞に弊社の事業内容が掲載!

夜のワークショップを初めて実施
仕事帰りにも関わらず多くの方に参加頂き、新たな輪がさらに広がりました。

 

"高齢者ユーザにipadを使用してもらっっている様子"July

高齢者向けのwebアクセシビリティ評価項目の作成
新たな市場の可能性が見えてきました。

今年も暑い夏。
7月はエアコンを使わず節約&節電で無事に乗り越えました!

 

"小学生と一緒にインクルーシブデザインワークショップ"August

坐禅体験会がスタート!
なんと有楽町で仕事帰りにちょっと一息つける時間をご用意しました。

初!小学生向け親子でのワークショップ体験会を開催。子どもの創造力は大人顔負けです。

 

"多様性豊かな仲間と八丈島で3日間のキャンプ生活"September

ユニバーサルキャンプin八丈島へ参加!
障がいのある人もない人も互いに支え合う3日間のキャンプ生活。

八丈島の大自然を満喫するとともに、忘れられない出逢いと思い出がたくさんできました。

 

"みんなの健康のために自炊をスタート"October

隊長&高山でビルディング協会にてインクルーシブデザインの講演

食欲の秋のためか少しメタボ気味に・・メタボ対策のために昼食自炊をスタート。

 

"企業と学生のコラボレーションワークショップが実現"November

企業と学生とのコラボレーションワークショップが本格スタート!
学生の斬新なアイディアと企業の方々の経験とが融合したとき、今までにないイノベーションが誕生しました。

 

"笑顔があふれている研修風景"December

障がい者が講師のメンタルヘルスケアセミナーを開催!新しい切り口のセミナーは大成功でした。

来年1月に名古屋開催のカンファレンスが決定!!
日々準備と共に名古屋への出張が増えました。でも、まだ名古屋名物が食べれてません・・・。

 

今年一年大変お世話になりました。
皆さまとの出逢いは私たちにとって大きなパワーになりました。

凸凹なメンバーですが、これからももっともっとチャレンジしていきます!
まずは2013年1月26日(土)に名古屋にてカンファレンスを開催致します。
イノベーションをテーマに皆さまと共に体感し共感していただける内容を準備しております。
  詳しくはこちらから>>

ぜひ、来年度もインクルーシブデザイン・ソリューションズどうぞよろしくお願い致します。

井坂智博・松村道生(隊長)・高山希
今年一年ありがとうございました。

payday loans

イノベーションカンファレンス

みんなで体験する「モノ・コト」のイノベーションカンファレンス in 名古屋

この度、イノベーションをテーマにしたカンファレンスを開催致します。
本カンファレンスの目的は、イノベーションを目指す企業の方々にお集まり頂き、最新のイノベーション手法を体験していただくとともに、参加者の皆様の交流を通じてイノベーターのコミュニティを作り上げることにあります。
カンファレンスでは、「デザインシンキング」を障がい者と一緒に体験していただきます。デザインシンキングは、米国スタンフォード大学のd.schoolなどが積極的に研究・教育を行っているチームの創造性を高める有効な方法論です。
新しいアイディアは1人の天才だけが生み出せるのではなく、他者との共感に基づきチームで創造できることを皆さんに体感していただきます。
 
 
主催:みんなで体験する「モノ・コト」のイノベーションカンファレンスin 名古屋実行委員会
 
 
協力:名古屋市視覚障害者協会
 

 
名  称:みんなで体験する「モノ・コト」のイノベーションカンファレンス in 名古屋
日  時:2013年1月26日(土) 10:30?19:00

 >>申込みフォームはこちら

 
◆全体スケジュール
10:00-10:30  開催挨拶、本日の流れ
10:30-15:30 第1部 インクルーシブデザイン・ワークショップ
15:30-16:10  第2部 トヨタテクニカルディベロップメント株式会社 佐野雅人氏事例発表 
          デザイン思考のワークショップ導入について
16:10-17:00  第3部 パネルディスカッション 
          ファシリテーター・・・北原康富氏
          パネラー・・・佐野雅人氏、小山龍介氏、川島俊之氏            
17:00-17:30 イノベーションプログラムの説明
17:30-19:00  第4部 情報交換会
 
会   場:名古屋商科大学大学院 
            地下鉄伏見駅 8番出口より徒歩1分
       〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦1?20?1
参加対象:マーケティング、新規事業開発・企画、商品開発・企画、営業、人事など
定   員:100名
参加費  :第1部?第3部(終日参加)    8,400円(税込) ※昼食費込み
       第2部?第3部参加          3,150円(税込) 
       第4部(懇親会)ご参加の方は +2,100円(税込)
       ※事前お振込となっております。申込み完了時に請求書を送付させて頂きます。
申込方法:お申込みフォームより必要事項を記入の上お申し込み下さい。
          >>申込みフォームはこちら
    
 

◆お問い合わせ
みんなで体験する「モノ・コト」のイノベーションカンファレンスin 名古屋実行委員会
(担当:高山)
電話   070?5022?4302 
E-mail  innovation@i-d-sol.com

 

【カンファレンス内容】

 

 ◆第1部 10:30?15:30

『インクルーシブデザイン・ワークショップ』デザイン思考のプロセス。共感・問題定義・創造・プロトタイプ・テスト
私たちの日常にあるバイアス(思い込み)を取り払い、イノベーションを起こす5つのデザインシンキングのステップを体験していただきます。
シリコンバレーで生まれたデザインシンキング。デザイン思考は単に製品やサービスをデザインすればよいというわけではなく、利用者がどのように製品やサービスを利用するのかを観察し、その不便さから顕在化していないニーズを掘り起こす手法です。
不便さの共感に基づき、スピーディに解決策を考えるこの手法は、欧米の創造的な企業や大学でも注目されています。企業では、新たなビジネスモデルを構築するために活用されています。また、大学ではスタンフォード大学がd.schoolなどで積極的に研究・教育を行っています。この手法を高齢者や障がい者と共に実践をするのがインクルーシブデザイン・ワークショップです。

体験会の感想はこちらから>>

 

  •  ランチ 12:00?13:20

視覚障がい者と共にお弁当を購入し(街中をフィールドワーク)、一緒に食事を楽しみます。普段あまり接することがない視覚障がい者との交流・質問から、私たちが普段の生活で見逃している不便などを再発見し、イノベーションのヒントへとつなげてまいります。

  • ファシリテーター 井坂智博氏

web_井坂株式会社インクルーシブデザイン・ソリューションズ代表取締役社長
名古屋商科大学大学院経営学修士課程修了。MBA取得。リクルートグループに延べ11年在籍。営業業務の標準化や組織コンサルを経て、株式会社くらしネットを設立、日本発のWebマーケティング事業を手掛ける。同社をM&Aで売却後、NPO国連支援交流協会国際社会支援部支部長、ディップ株式会社執行役員営業企画本部長を経て、株式会社ダイアログインザダークジャパンの法人向けサービス部門の責任者として260社の企業研修実績を構築。視覚障がい者と暗闇で行うプロダクトデザイン、チーム・ビルディング、リーダーシップに関するワークショップの営業、企画、ファシリテーションの経験多数。その他、名古屋商科大学非常勤講師、宣伝会議「営業力養成講座」講師他。著書「法人営業バイブル」PHP出版。 

  • 講師 松村道生氏

取締役 松村道生株式会社インクルーシブデザイン・ソリューションズ取締役/NPOユニバーサルイベント協会理事
幼少のころに視覚障害を患い、高校生で完全に光を失い、現在は全盲。視覚障がい者としてその個性を強みに変え、日々イノベーションにチャレンジされている。
暗闇のエンタテーメント「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」立ち上げから副代表として12年間活動。その他、東京国際空港のユニバーサルデザインの企画参加、触る横浜市観光案内地図、webのユーザビリティ・アクセシビリティの診断、技術者向けイノベーションワークショップファシリテーター、障がい者の情報保障を目指すiPhone、iPadの講習会の講師など、常に可能性を追求し続けている。
また、ロックグループとしてプロデビューした経歴を持ち、ニューヨークのスティービーワンダーの前座を務める。現在もプライペートを利用しライブでドラムを担当。その多才ぶりを披露されている。

 

◆第2部 15:30?16:10
 
講演:『視点×技術×創造から生まれる組織活性』
スタンフォード大学d.schoolのデザインシンキングにリードユーザ(障がい者)を組み込んだインクルーシブデザイン・ワークショップを導入し、自動車技術開発組織のイノベーションに活用されている事例を地元の自動車メーカー技術開発責任者をお招きして講演いただきます。
 
  • 講師 佐野雅人氏
佐野雅人氏写真トヨタテクニカルディベロップメント株式会社 理事
ブラインドボクシング協会 理事長
トヨタ自動車の車両開発業務を請け負うトヨタテクニカルディベロップメント株式会社(従業員数6,137名)。CAE(コンピューターエイディッドエンジニアリング)を駆使してトヨタ車の車両開発を支援する部署の部長とし、組織の抱える問題に対し、様々な取組みをし続けておられます。その取組みは自衛隊体験入隊からダイアログインザダークの暗闇、インクルーシブデザインの研修と剛柔問わず、その可能性を常に探る姿勢で溢れています。
また、プライベートでは15年以上続けているボクシングの経験を活かし、ブラインドボクシングという視覚のない状態で戦うボクシングを考案し、名古屋市視覚障害者協会や豊田市視覚障害者協会と連携し、障がい者にボクシングを経験してもらう活動を精力的に続けておられます。
 

 

◆第3部 16:10?17:00
 
『パネルディスカッション』
北原康富氏にファシリテーターを務めていただき、多方面で活躍されている3名の方をお迎えし、イノベーションをテーマにパネルディスカッションを行います。 参加者の皆さまからの疑問・質問にもお答えさせていただきます。
 
  • ファシリテーター  北原康富氏
北原康富氏写真名古屋商科大学大学院マネジメント研究科教授/インテグラート・リサーチ株式会社代表取締役社長東京理科大学理学部応用数学科卒業、早稲田大学アジア太平洋研究科後期博士課程単位取得満期退学。日米のコンピュータメーカにてシステムエンジニア及びマネジメントコンサルタントとして活動後、ITベンチャー“日本インテグラート株式会社”を設立(1993年)。創業以来、グループコミュニケーションおよび戦略意思決定の2つの領域において、理論・ソフトウェアの研究開発、および教育・コンサルティングなどを行う。開発したグループウェア「ウェブハロー」は、ビジネスソフトで初めてのグッドデザイン賞受賞。戦略意思決定の分野では、新規事業や開発プロジェクトに対する事業価値やリスクの価値評価やシミュレーションに取組む。ペンシルバニア大学ウォートン経営大学院マクミラン教授研究室にて、同教授考案のベンチャー戦略策定方法論(DDP)を学習・支援するソフトを開発。
 
  • パネラー  佐野雅人氏
佐野雅人氏写真トヨタテクニカルディベロップメント株式会社 理事
ブラインドボクシング協会 理事長
 トヨタ自動車の第二の技術部隊と言われる、トヨタテクニカルディベロップメント株式会社(従業員数6,137名)の中で、CAE(コンピューターエイディッドエンジニアリング)を駆使してトヨタ車の車両開発を支援する部署の部長とし、組織の抱える問題に対し、様々な取組みをし続けておられます。その取組みは自衛隊体験入隊からダイアログインザダークの暗闇、インクルーシブデザインの研修と剛柔問わず、その可能性を常に探る姿勢で溢れています。
また、プライベートでは15年以上続けているボクシングの経験を活かし、ブラインドボクシングという視覚のない状態で戦うボクシングを考案し、名古屋市視覚障害者協会や豊田市視覚障害者協会と連携し、障がい者にボクシングを経験してもらう活動を精力的に続けておられます。
 
  • パネラー  小山龍介氏
小山龍介氏写真名古屋商科大学大学院マネジメント研究科客員教授/株式会社ブルームコンセプト代表取締役    
京都大学文学部哲学科美術史卒業後、大手広告代理店勤務を経て、サンダーバード国際経営大学院でMBAを取得。卒業後は、大手企業のキャンペーンサイトを統括、2006年からは松竹株式会社新規事業プロデューサーとして歌舞伎をテーマに新規事業を立ち上げ。
2010年、午堂登紀雄氏と共同で株式会社ブルームコンセプトを設立し、現職。執筆家としての顔も持ち、その代表作である『IDEA HACKS!』を始めとするハックシリーズは、多くのビジネスパーソンに支持されている。またその経験を活かし、執筆家へ可能性の扉を開く出版プロデュースを行っている。
また、ビジネス、哲学、芸術など人間の幅を感じさせる、エネルギーあふれる講演会、自分自身の知性を呼び覚ます開発型体験セミナーは好評を博す。そのテーマは創造的思考法(小山式)、時間管理術、勉強術、整理術までと多岐に渡り、大手企業の企業内研修としても継続的に取り入れられている。
 
  •  パネラー  川島俊之氏
川島俊之氏写真名古屋商科大学大学院客員教授/公認会計士/高野山真言宗高福院副住職。
1990年慶應義塾大学経済学部卒業。2009年高野山大学大学院文学研究科修士課程密教学専攻修了。1989年に公認会計士第2次試験に合格。監査法人トーマツにて会計監査・上場支援を経験した後、株式会社三和総合研究所のコンサルティング部門で経営戦略の立案・実行支援に従事。さらに、独立系ベンチャーキャピタルのグローバル・ブレイン株式会社において主にITベンチャー企業への投資を行う。徹底的なハンズオンでの経営支援(経営戦略、営業、マーケティング、R&Dマネジメント、プロジェクトマネジメント、ファイナンス、組織・人事)や上場支援に取り組み、数社の上場に関わる。この間、東京工業大学及び大学院(経営工学)で非常勤講師を務める。
現在は、イノベーションについて、経営・哲学(現象学)の両面から研究。2012年2月から、株式会社インクルーシブデザイン・ソリューションズの経営アドバイザー兼ディレクターとして活動。所属学会:三田哲学会。
 

 

 ◆第4部 17:30?19:00
 
『情報交換会』
参加者同士の情報共有の場を提供させていただきます。カンファレンスを体験した感想だけでなく、実際の現場で抱える問題や課題をリラックスした状態で共有し合って頂き、今後の連携へと活かしていただきます。軽食・お飲み物のご準備がございます。
 
 
 

 

  

坐禅体験会

坐禅体験会のご案内

多忙な日常生活を離れ、心静かに坐禅をしてみませんか。 会社帰りに坐禅をしてみたい!というビジネスパーソンのご要望にお応えし、有楽町駅前で 坐禅の体験会を開催いたします。

【日時】 平成24年12月11日(火) 18:30-20:30 ※18:00から受付開始
【会場】 小谷ビル2階(東京都千代田区有楽町1-6-6) 
※JR有楽町駅 徒歩2分  日比谷駅 徒歩1分
【内容】 高野山に伝わる阿字観という真言宗の坐禅を体験していただきます。坐禅の坐り方ができない方も安心してご参加ください。イスに座っての体験もできます。
?坐り方の指導
?坐禅・瞑想体験
?法話・茶話会
【参加費】 3,000円
【定員】 20名
【服装】 リラックスできる服装でお越しください。
(出来る限りジーンズなど窮屈なズボンを避けることをおすすめします。)
※注意事項
・スカートでのご参加はご遠慮ください。
・近隣に更衣室のご用意がございます。
【講師】 川島俊之
高野山真言宗高福院 副住職
株式会社インクルーシブデザイン・ソリューションズ ディレクター
【主催】 株式会社小谷ビルディング
株式会社インクルーシブデザイン・ソリューションズ
【お申込み方法】

お申込みはこちらから>>

TEL:03-6268-8028
mail:moshimoshi@i-d-sol.com
(担当:高山)

   

メンタルヘルスケアセミナー

四つ葉のクローバーの絵体感・共感・実感・活用

発達障がいの“心の目が見えない状態”と、視覚障がいの“目が見えない状態”を体感することで、コミュニケーションから取り組むメンタルヘルス予防や早期発見の手法を実感していただき、活用できるようにいたします。

【3つのポイント】

  •  うつ病にならないための予防方法

「見えない情報の明確化」が必要となります。そのためにはコミュニケーションが不可欠です。「業務の改善」や「配慮」ではなく、「コミュニケーション」の仕組みを変えることにより予防へと繋げます。

  • 産業医にかかる前の早期発見

部下や同僚から出ているSOSのサインをいち早く察知し、早期対応をするマネージメント手法を学べます。

  • 当事者から聞く実体験

講師は、実際にうつ病にかかり自分自身で克服した経験を持っています。実際の体験談をもとに当事者だから伝えられることを皆さまに生の声でお届いたします。

職場の生産性や顧客満足度の向上へもお役立ていただけます。

開催ご案内

【日時】    12月7日(金) 13:30~17:30
【場所】    名古屋商科大学大学院 東京丸の内キャンパス
          〒100-6309  東京都千代田区丸の内2-4-1 丸ビル10階
【参加費】  お一人 3,000円(税込)
【対象】    メンタルヘルス・WLB・障がい者雇用担当者
             部下の育成やコミュニケーションに悩んでいる方

      お申し込みはこちらから>>

プログラム

?第1部?
  ほうれんそうの本質
   「見えない情報の言語化」から学ぶコミュニケーション術
 
 ?第2部?
  共有と実感のためのインクルーシブデザイン・ワールドカフェ
  本日の気づきを行動に変える共有会

講師プロフィール

○久保博揮 (くぼひろき)

日本ダイバーシティ推進協会 代表理事
認定ワーク・ライフバランスコンサルタント
WWFA認定コーチングインストラクター
学校恐怖症で不登校の末6年間引きこもり、就労前は2年間のニート生活も経験。
視覚障がい当事者として、特例子会社で多様な障がい特性のメンバーを取りまとめた経験やリワークを支えた現場経験から、コーチングを活用した違いを価値に変えるコミュニケーション術を、「闇」を切り口に提供する。

○肥後道子(和声) (ひごみちこ)(わせい)

日本ダイバーシティ推進協会 代表理事
軽度発達障がい支援協会 理事長
コーチングアカデミー インストラクター
グレーゾーンの発達障がい当事者として、自身のうつ病、自律神経失調症、パニック障がいという紆余曲折の経験から、コーチングでうつ病や発達障がいの方の就労支援を目指すコーチングインストラクター。具体的なコミュニケーションや行動のノウハウを当事者・支援者双方の視点から希望の「光」として提供する。

お申し込みはこちらから>>

お問い合わせ
株式会社インクルーシブデザイン・ソリューションズ
Tel:03-6268-8028  担当 / 高山 希
Mail:moshimoshi@i-d-sol.com