花王株式会社様

担当の左横須賀様、右佐野様

アクティブシニア事業センター 
マネージャー 横須賀 道夫様

マネージャー 佐野 裕様

 

高齢社会に向けたユーザリサーチ

 

消費者・顧客の立場にたって、心をこめた“よきモノづくり”を行ない、世界の人々の喜びと満足のある豊かな生活文化を実現するとともに、社会のサステナビリティ(持続可能性)に貢献している花王様。商品研究や開発のメンバーを中心にユーザのありのままの知っていただくためにインクルーシブデザインのワークショップを体験して頂きました。

参加者を代表して、担当の横須賀様・佐野様にお話を伺いました。

Q.インクルーシブデザインワークショップを行ったきっかけを教えてください。

横須賀様:アクティブシニア事業センターということもありますが、世界的にも高齢化社会を迎える国が増えてきます。高齢者が増え、各ジェネレーションでマジョリティもいなくなってくると、足が悪くなったり、耳が遠くなったりとさまざまな障がいを抱えた人が増え多様性が増す。また、経験値の高い方が増え、価値観の多様性も増す。高齢化ということは社会の多様化ということにもつながると思います。そのような状況を迎え、多様な社会に我々はどうやって対応していけばいいのかということを考えるヒントがあるのではないかと思いインクルーシブデザインワークショプを実施しました。

佐野様:今まで自分たちは年齢や家族構成のマジョリティの中にいて、その中で研究しながら次の商品を考えるということをやってきました。生活スタイルの多様化が増してきたことで、、他の人たちはどんなことを考えているのかということが、個人の想像だけでは捉えることが難しくなってきています。現在、社内でユニバーサルデザインの推進を行っており、お客様の多様性に対しどのように使える商品の幅を広げていくかということを考えています。自分たちの範疇を超えた人の意見を取り入れていかなければいけない。そんな中、リードユーザは高齢者に近い感覚を持っていて、言葉にする能力も高い。彼らの意見を取り入れ、自分たちの発想を広げて行くためにインクルーシブデザインワークショップが活用できないかと思いました。

Q.今回、ワークショップ実施のねらいは何ですか?

横須賀様横須賀様:センシビティをあげて欲しかった。こういうやり方もある、こういう人もいるなど、普段我々が感じている常識とは違うところにあるものをみることにより、もっと視野を広げて感じないといけないんだということを気づいてもらいたかった。もう1つは気持ちの部分。実際の行動もそのものも大切ですが、ついつい我々がやりがちなことは、使いにくいものを使いやすくしてあげましょうとすぐ考えてしまうこと。やってあげること、簡単にすることが良いことではなく、その人たちがしたいことをどうやってかなえてあがられるかということが大切で、そこに気づいてもらうということが一番大きかったです。きっと日常生活をしていても見える景色が変わってくると思います。たぶん今まで普通に街をあるいていたら気づかなかったお子さん連れのお母さんや杖をついている高齢の方への見方が変わってくるはずです。そうなってくれば自然に気づくものが増えてくると思います。

佐野様:ワークショップ形式で議論すると、どんどん自分たちの発想を広げていくことができます。テーマを持って集まるだけではなく、自分の頭の中に新しい情報を何かインプットした上で、その上でそれをどう感じたかをみんなで出し合う。自分とは違う意見が普段同じ会社の中にいてもやっぱり出てくる。そんなお互いのズレを知り、議論を重ねていくことが広い知見となっていく。その中で、自分が思いもしなかったことから何か発想していくという体験がインクルーシブデザインワークショップの中にはあると思います。もっとみんながあのような経験をして、社内の議論の場で応用していけたらいいと思いました。

Q.ご自身がインクルーシブデザインワークショップを体験して感じたことは?

横須賀様:個々の気づきも大切ですが、気持ちをフラットにする、頭の中をフラットにする感覚がちょっとずつつかめてきた気がします。普段は視点が一点に集中しやすいところがあるので、集中もしつつ少し引いた目で見て行く。そうすると個々のディテールじゃなくて、その人を含めたバリエーションのイメージが自然にできるようになってきました。ありのままをみることにより、思考の範囲が広がっている感じがします。

インタビューにお応えいただいている佐野様:さまざまな人と議論をしていても、ポンポンと発想できるまでにはまだまだ訓練が必要だと感じました。自分の中でデータをみながら解釈する事はやっていたけれども、さまざまな人の意見を聞き、そこから瞬時に自分の発想を出すことを過去に経験していなかった。思ったアイディアを出していくということが非常に重要だと思う。その中で、自分の中の蓄積しているものと、外からはいってきたもののマッチングができたときに何か新しいアイディアがひらめくと感じました。そのため多くの議論の場を経験し、自分の中の思考の引き出しの数や開け閉めの速さを獲得することが必要だと思いました。

Q.今後の事業でインクルーシブデザインがプラスになったことは?

横須賀様:気づきそのものもあるが、視野、感じる気持ちが確実にあがっている気がします。そして、今までと違う世界を知ったわくわく感があり、ワークショップの帰りはみんなが笑顔でした。体験して良かった、おもしろかったという声が飛び交い、次はもっと違うことをでやりたいという意思が強くなっているように感じました。得られた成果で一番大きかったのはそれではないのでしょうか。それをもっと色々な形で、次に繋げられるようレベルアップしていきたいです。

佐野様:もっとリードユーザとの対話の場を増やしたり、もう少しテーマを絞ったワークショップの実施など今後やっていけるのではないかと思います。そういったところから実際にモノやサービスのアイディアに結び付けて行けるのではないでしょうか。

Q.これからIDSに期待することを一言

横須賀様: 一番思うのはもっともっと大きくなって欲しいです。お互いにwin-winになれればと思っています。日本は多様性を受け入れると言う面ではまだまだ遅れているし、弊社も制度面では整ってきていますが、実際はまだまだやらなければならないことがたくさんあります。これを少しずつ変えて行かなければより良い物も作れなくなっていく。インクルーシブデザインワークショプなどをきっかけにし、もっと深く個人のレベルをあげていきたいと思います。

佐野様:きっと将来的にはリードユーザの幅が広がりもっといろんな人たちが活躍すると思います。私たちもリードユーザといろんな対話をしながら商品のことをどのように改良していくのかということを考えていきたいです。今後も、そういった私たちのリクエストに応えていただける形でご協力いただけたらと思います。

 

当日のワークショップの様子とアンケートとはこちら>>

 

 

※花王株式会社様の取組みについて「日経ビジネスONLINE」にて紹介されました
  「頭をガーンと殴られるような気づき」を得たい人へ

**************************************

常に消費者起点にたち、人々の豊かな生活文化の向上に貢献することをめざしてモノづくりを行なっている花王様。
多様な人々の生活を見つめ、ニーズにお応えする製品をお届けするだけでなく、社会のサステナビリティに貢献する新たなライフスタイルへの転換や、社会の課題解決につながる製品の開発をめざして取り組んでいます。特に花王グループの技術を活かし、何歳になっても元気に前向きに活動したいというアクティブシニアに役立つ製品を提供しています。機能や効果だけでなく、高齢の方が使いやすい製品を考えることは、結果として、誰にとっても使いやすい製品につながると考えています。こうしたユニバーサルデザインの視点は、基本である「消費者起点」という考えから常に重視しています。