深夜の小脱走

こんばんは。今日は弊社共催のカンファレンスで名古屋にきています。朝食
の美味しいKホテルに泊まっているんですが、今回は今さっきあったばかりの出
来事を、ホットなうちにお届けいたします。

カンファレンス自体はひやひやのうちにもなんとか終了。スタッフと一緒に
ホテルの自室で食事をした後、今日はそれぞれゆっくり休もうということになり
ました。
土曜夜のTBSを見ながら”Bさんはやはり出ていないんだな〜”などと思ったのもつ
かの間、寝落ちしていてふと気がついたら0時前。手持ちの水はとっくに飲み
きってしまっていて喉が渇き、甘いものも若干食べたくなった僕は、近くのコン
ビニまで出かけてみることにしました。
これ、土地感がはっきりしてないところではそれなりに勇気と覚悟がいるのです
ね。

まずは手荷物の中から輪ゴムを1本探し出し、自室のドアノブにまきつけま
す。帰りにドアノブを触って自室を確認するための目印(正確には手印だが)にす
るためです。
ホテルからコンビニまでの道のりは、以前に宿泊したときに覚えていたので、難
なく到着。店員さんを探して買い物のサポートをお願いしました。ところがこの
店員さん、たぶん韓国か中国の方なんだけど、近年僕が出会った中ではまれに見
る日本語の通じにくさだったのです。

それでもコーラを買ったまでは良かった。問題は“シュークリーム”、これが
ぜんぜん伝わらない。
さー、こうなると僕の挑戦心に火がつくのです。“絶対伝えてみせる、買ってみ
せる”とか無駄にがんばっちゃうのです(その挑戦心を仕事に生かせよとか言われ
そう)。
「デザート」、「甘いもの」、「スイーツ」といろんな単語で伝えても伝わら
ず、「お菓子」という言葉で要約理解してくれたのもつかの間、つれて行ってく
れたのがチョコの棚。「クリーム」という単語に反応して取ってくれたのは、バ
ニラクリームのクッキーでした。

さてどうしようかと考えあぐね、出た言葉が「冷たいもの」。これで何とか
わかってくれたようで、無事デザートの棚まで連れて行ってくれ、シュークリー
ムではなかったものの(欠品していたよう)チョコの小さなケーキをゲットできま
した。

さてここからが感動的な話。会計を済ませて出口まで行くと、先ほどの店員
さんが「どっちへいくのか」と聞いてくれます。「Kホテル」と言うと「近いか
ら連れて行く」と言ってくれるではありませんか。そこまでしてもらうのも申し
訳ないので、「場所はわかるから大丈夫」と伝え、感謝の言葉と共にお別れしま
した。
少し歩いていると、今度は別の男性が「Kホテルですか?僕も泊まっているので
一緒に行きましょう」と声をかけてくれます。先ほどの僕の会話を聞いてくれて
いたようでした。あまりにうれしくて、ついお願いしてしまいました。
実はKホテルのエレベーターはボタンがタッチパネルなので、僕が押そうとする
とコントのように全部の階が点灯してしまうということを前回の宿泊時に経験し
ていたので、“どうしようかな”と考えながら歩いていたところだったのでした。

というわけで、無事に自室の階で降りて自室へ到着。僕の深夜の小脱走は2名
の親切のおかげで無事達成されました。名古屋も韓国(or中国?)もいい人ばかり
です。