失明から職業復帰までのプロセス

インタビューに答えてくださった、クラウディオさんを例に、盲人協会への入会から職業復帰に至るプロセスを書いてみます。
クラウディオ・コンゴストさんは、18歳のときに交通事故で失明しました。
「すべてを失ったような気がしましたよ」
と、当時を振り返ります。
スペイン盲人協会では、通常の視力の10%以下、もしくは視野の10%以下の人たちを「視覚障害者」と認定します。それよりも見える人は盲人協会のメンバーにはなれません。このような眼科分野の条件を満たす人だけが、盲人協会のサービスを受ける権利を持ちます。
盲人協会入会の第一歩は、協会専属の眼科検診を受けることから始まります。そこで「視覚障害」と認定を受けたクラウディオさんは、盲人協会への登録の手続きを行いました。まず、会員証の発行があります。これはクレジットカードぐらいの大きさで、本人の写真が貼られていて、点字と普通文字で会員番号が書かれているものです。次はいろいろなサービスのオリエンテーションがあります。
そこで、社会復帰をしたいと希望した彼は、バルセロナにある中途失明者のリハビリテーションセンターで、一年間社会復帰のための集中研修を受けます。歩行から料理、裁縫に至るまで、一人一部屋のホテルのようなところに一年間宿泊して、研修を受けたそうです。日本よりもかなり時間をかけた集中的なリハビリテーションです。ちょっと厳しいと思われる方もいらっしゃるかと思います。重要なことは、「本人が社会復帰を希望する」という意志を示さない限り、このリハビリテーションは受けられません。あくまで本人の意志が尊重され、本人も自分の意志で選んだ道だからこそ、一年間という長く厳しい訓練に耐えられるのです。
次に彼は、職業訓練を希望しました。その訓練を受けるために、ちょっとはなれたところに行ったそうです。でも今はその必要はありません。自分の住んでいるところで職業訓練が受けられます。彼はそこから紆余曲折があって、今のスペイン盲人協会に就職したそうです。1980年代は、それほど職業を見つけることは困難ではなかったそうです。でも今はもっと事情が厳しいと彼は言います。
(終わり)